小さなお客様
2歳の頃から、おじいちゃま方とお越しのお客様。
今年で6歳になられました。
前回、わたくしが出張でおりませんでしたので
3年ぶりの再会です。
すっかりお姉ちゃんになり、おしゃべりも
とても上手です。自分の髪もなれた手つきで
きれいに三つ編みを披露。
健やかな成長に目を見張るばかりです。
わたくしに、かわいらしいお手紙をくれました。
「おねえさん」というところに気遣いを感じます。
お子様の成長を見守ることができるのも
この仕事の喜びです。
○○○ちゃん、お手紙大切にしますね。

| 華もみじ | 14:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
お客様の声、更新しました
お客様からいただく、温かいお葉書、お手紙、メール、そして置手紙。
華もみじの大切な宝物です。
ホームページでご紹介しておりますが、なにせ私が更新していますので、
仕事が遅く2013年下半期分は、なんと2014年になり一ヶ月も経った本日
更新致しました。
口コミやアンケートと違い、わたくしどもの行き届かない点は目をつぶってもらい
良いところばかりをお褒め頂いておりますので、これから華もみじにお越しになる
お客様には、あまり参考にならないかもしれません。
ただ、華もみじでの時間の流れと温かいお客様に恵まれた旅館であることが
感じ取っていただければ幸いです。
華もみじ公式ホームページ「お客様の声」

| 華もみじ | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
お客様からの贈り物
女性3名でご利用のお客様から、ご出発の朝、素敵な贈り物をいただきました。
描かれているのは、華もみじの食前酒。
友人同士の楽しい食事が目に浮かぶ、温かい、そしてお上手な絵です。
楽しく食事をされているご様子を拝見して、わたくしも長らく会っていない学生時代の
友人たちといつか旅行に行きたいと思いました。

○○様、テーブルクロスのしみと漬物、また皆様で会われたときに思い出して
談笑して下さいね。

2013.11.28.jpg
 
| 華もみじ | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
長年の謎を解明?!いかるの泣き声
本日は、お天気の良い一日。
早朝より散歩をされるご夫妻がいらっしゃいました。
散歩のご様子を聞くと、敷地を出て歩かれたご様子で、木苺を採られたり
「観音桜公園」で阿蘇の地層をご覧になられたり、お持ちの鳥笛で鳥と会話されたり
南阿蘇の大自然を大満喫されたようでございます。

鳥笛を見せていただいたときに、ちょっとお尋ねを致しました。
わたくしの音痴なふしで、こうゆう泣き声の鳥がいるんですけど、おわかりですか?
華もみじの賢者に聞いても、「知らん」の一言。日常ですので、気にかけないのですね。
「いかるだと思う」と教えていただきました。いかるの泣き声はこちらです。

オープン13年。長年の謎が解けた?!良い一日でした。

| 華もみじ | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
気持ち良い旅の仕方を教わりました
先日、お泊りいただいたご夫婦のお客様。
ご到着された日は、生憎の天候で白い霧に覆われ景色が見えませんでした。
そういった場合、お客様はとても残念に思われます。わたくし自身も旅に出ると
天候に一喜一憂致します。
しかし、このご夫妻は、終始笑顔で気持ちよく過ごされておりました。

翌日のご予定を聞くと「阿蘇をまたゆっくり観光です、予備日ですから」と。

なるほど、納得です。だから、お人柄はもちろんのこと気持ちに余裕があるのですね。
おっしゃったわけではありませんが、「雨の日もあるさ」ということなのでしょう。
ご出発の朝も霧が晴れることはありませんでしたが、そんなことにとらわれず
笑顔でお発ちになりました。きっと楽しい旅を終えられたと思います。

1357943.jpg

あまりお客様の目に付かない秘密の場所のすずらんの花が咲きました。
| 華もみじ | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
最高に美味しいわさび漬けを持っての金婚式旅行
先週、2月9日にお泊りいただいたお客様。
事前から金婚式のお祝い旅行と伺っておりました。
ご到着されたときは、当館があまりに山の上なので、びっくりされ
「経営者がなんでここに建てられたのかわからない。帰るまでに答えを考えたい」
と笑っておっしゃられました。
ご夕食時は、笑いの絶えない楽しいお話をたくさんしていただきました。
御殿場で毎日美しい富士山を眺めて暮らしていること、
ここでは、書けない日々の楽しみにされていることや日頃思うこと等々。

ご主人がお話の途中で、奥様に何かわたくしに手渡すようにおっしゃられ
いただいたのがわさび漬けです。わさびを作っているご友人が、九州へ旅行へ行くなら
きっと喜ばれるからと自家製のわさび漬けを持たせてくれたそうです。
これが、わさびがふんだんに入った絶品なのです(自家製なので非売品です)。
翌日は、由布院にお泊りで以前御殿場に住んでいたご友人と再会、
この旅行も息子さんがお祝いに積み立てていたお金で計画されたそうです。
なんとも羨ましいたくさんの人の愛情に包まれた旅行です。

ご出発の際、「経営者の気持ちがわかったような気がする」と一言。
過分なお言葉、ありがとうございます。
わさび漬けも美味しく頂き、何よりもわたくしも楽しいひと時でした。
わさび漬け
| 華もみじ | 11:05 | comments(0) | - |
Page: 1/1   

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Link

Profile


国内旅行 ブログランキングへ

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Feed

Others

Mobile

qrcode